加入員期間3年以上の人がお亡くなりになったときに、ご遺族の方が遺族一時金を受けられます。
■支給要件(次のいずれかに該当する場合)
(1) 加入員期間3年以上の人が、在職中に死亡したとき
(2) 加入員期間10年以上の人が、加入員でなくなった後、60歳になる前に死亡したとき(ただし、選択一時金100%支給済の人を除く)
(3) 第1種退職年金を受けている人が、加算年金を受け始めて15年を経過する前に死亡したとき



■支給額
支給要件(1)の場合=加入員期間中の平均報酬標準給与月額×加入員期間別の支給率
支給要件(2)の場合=加算年金額×死亡時年齢別の支給率
支給要件(3)の場合=加算年金額×支給済期間別の支給乗率

■遺族の範囲
 遺族一時金が受けられるのは死亡した人と生計を同じくしていた3親等以内の親族です。(※平成26年4月より未支給の年金の請求範囲が3親等に拡大されました)


第1種退職年金 選択一時金 第2種退職年金 遺族一時金 脱退一時金

基金制度【基金から受けられる給付】